アロマ初心者にオススメ!!アロマディフューザー3選

アロマの基本

アロマセラピーとはアロマ=香り、セラピー=療法と言います。植物の香り(エッセンシャルオイル)を利用して、心や体の不調を癒す方法の一つで、健康維持に役立てる方法です。

直接ボトルから香りを嗅ぐ方法やキャリアオイルで希釈してトリートメントで体のメンテナンスする方法のほかに、アロマディフューザーという香りを拡散する方法があります。

お好きなアロマを、アロマ専用のディフューザーに入れて、お部屋に拡散する方法です。

どんなものがいいのか、アロマディフューザーのおすすめをご紹介いたしますね。アロマ(香りは)植物の香り。植物の香りには、私たちの体に役に立つ効果効能の成分がたくさん含まれています。その成分を鼻から取り入れることによって、心や体を癒す効果があるのです。

アロマディフィーザーを選ぷチェックポイントは

  1. お部屋の広さに適したものを選びます。広すぎるとせっかくの香りが届かないのです。

    広い部屋は容量が大きいものがベストだと思います。部屋が狭いのに容量が大きいと、逆に香りがこもりすぎて体調を崩しやすいのでお部屋にふさわしい商品を選びましょう。

  2. アロマのオイルはどこのメーカーでも大丈夫?と聞かれますが、
    手元にあるものも使えるかどうか、ディフューザーについているオイルが100%ピュアなものか
    調べてくださいね。

    またそのオイルが天然100%なのか不安な方もいるはずですので確認は大事です

  3. お手入れが簡単かどうか。カビが繁殖しやすいものなのかどうかの確認が大事です。どうしても毎日オイルをディフューズすると思うので、水が残ったまま、そのまま新たに水を入れてしまうため、汚れが落とさなまま使用するとせっかくの、体を癒すものが逆効果になってしまいます。

アロマディフューザーの種類

今ではネットで「アロマディフューザー」を調べると、たくさんの商品があって、ましていろんな種類があるので、迷ってしまいますよね。

おすすめアロマディフューザーをお伝えいたします。

人気第一位 モダンデコ アロマディフューザー アロマ ディフューザー 専用精油瓶付き 香り 小型 コンパクト 軽量 タイマー (ナチュラル)

  1. 噴霧式のアロマディフューザーはアロマボトルをそのまま設置するだけで、香りが拡散できます。広いお部屋にも拡散力が強いので、お部屋の隅まで香りが届きます。

    タイマーもついているものもあります。USBもついてパソコンにも設置できるものもありますので選ぶポイントにしてもいいですね。
  2. メリットは水なしで使え原液のボトルを差し込むだけなので手間が楽です。
  3. 頻繁に洗う手間も省けます。自分でブレンドして使えます
  4. タイマーにもなっているので忘れやすい人にも助かります。
  5. デメリットは少々音がうるさいです。

商品の写真には載っていないのですが、「AND DECO」というロゴがついているそうです。
メーカーに聞いてよかったです。お店の写真は、確かに載っていなかったですものね。

ロゴがあった方が やっぱり素敵ですね。。

このディフューザーは2階の教室のお部屋で使用しています。。

生徒さんたちにも人気です。。

第2位 アロマランプディフューザー ナチュラルブラウン(ミスト式芳香器 超音波振動方式 精油・エッセンシャルオイル専用 タイマー・LEDライト付)

自宅の写真はミスト式芳香機 超音波振動方式が 心地いいのです。

このディフューザーは1階のリビングで使用しています。


写真と同じものはないのですが 似た商品をご紹介いたします。

  1. 少量の水とアロマのオイルを超音波でミストにして拡散します
  2. 暖かい柔らかいライトなので眠りの妨げにもなりません
  3. 水がなくなったら、自然に止まります
  4. エッセンシャルオイル専用
  5. デメリットはお水を入れたりする手間がかかり、殺菌やカビの原因にもなる
    こまめなお掃除をする必要があります。
  6. 持ち運びに気をつけないと、横にしてはいけません。水がこぼれます

羊毛フェルトリードディフューザーステック

羊毛フェルト作家 She-eさん作のリードディフューザーです。



ツクツクネットショップピュアDreamにて販売していますのでぜひお買い求めください。

商品は他にもありますので、ご覧くださいね♪

エタノールとアロマオイルだけのもので、置くだけのお手軽な商品です。

リードスティックは吸い上げがいい素材を使用しています。

  1. メリットは置くだけのものなので、水も電気も必要がなくセットする手間がないです。

  2. 香りもお好きなものを選ぶだけ、そしてお値段もお手頃価格。
  3. デメリットは香りの範囲が狭いです。
  4. こぼしてしまう可能性もあるので不安です。
  5. 拡散力が低いです。
  6. スティックは使い捨てなので、長くは使えませんが ドールの部分は何度も使用OKです。

なんといってもインテリアにも最適。おトイレ、お部屋に、玄関にと小さいお部屋におすすめです。

まとめ

たくさんあるアロマディフューザーは、迷ってしまいますよね。ご自分の部屋などを確認して好きな商品をお選びください。ディフューザーは一番アロマを取り入れる方法で簡単な方法の一つです。お好きな香りを、お好きな種類のディフューザーで拡散をして楽しめます。どのアロマがいいの?と聞く方もいますが、香りを嗅いで、この香りが好きと思ったものがベスト。アロマの使い方がわからない方も気軽に使えます。ぜひアロマライフを楽しんで癒してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました