好きな香りで手浴を体験すると心と体のバランス改善につながる

アロマと心と体のバランス

みなさんは、モデルのアン ミカさんって知っていますよね?
今日本棚から取り出して、もう一度読み直していたら、アンミカさんはナードジャパンのアドバイザーの資格を取っていたんですね。だから、とてもアロマの知識が豊富でした。その本は「アンミカのボシティブ美容辞典」

 

この本は美容だけではなく、香りや漢方、ツボ、内側の磨き方など。あらゆる角度から綺麗になる方法を書いてくれています。本のどのページから読んでもいいようにまとめていました。
その中で アロマの部分をピックアップしながら、自分もやっている行動をお教えいたしますね。

手や腕は脳

私も数年前にハンドトリートメント講座を受講したときに
「手や腕は脳」と教わりました。心臓より下で、重いバックを持ったり、子供を抱っこしたりして
夜になると、腕はパンパンになり、手もむくみます。ということは、脳もパンパンになっていることですね。なので、手や腕を温めたりマッサージすると脳もゆったりするのです。
手浴やマッサージは血流改善にもなったり、リラックス効果があります。お子様の手を握ったり、摩ったり、介護ケアにも使われています。

手浴も足浴も体の体の末端を温めることで全身の血液循環もよくしてくれます。
冷え性の方も意外に肩こりのかた、目の疲れの方にも有用的です。
そんなときにプラスして欲しいのがエッセンシャルオイルなんですね。蒸気に香りをプラスするだけで、リラックス効果にもつながり集中効果にもつながります。またかさついた手にも潤いを与えてくれます。

アンミカさんの本からのピックアップ

手や足を温めるだけで脳がリラックスします。
腕をほぐすと全身の血流もよくなります。
手浴で温めると脳からのα波が出てリラックス状態になります。
香りを感じる嗅覚は命の維持に関わる感覚で原始的な脳がつかさどっている。
アロマが脳でキャッチして心と体のバランス改善に働く。

アンミカさんの説明はわかりやすいですね。

手浴にオススメのエッセンシャルオイル

手がカサついているときは
ラベンダー
ティーツリー
オレンジ
フランキンセンス

不眠の場合は
ラベンダー
カモミールローマン 
マジョラム
ウェーブリズム (doTERRA)
フランキンセンス

肩こり
ラベンダー
レモングラス
ローズマリー 
アロマタッチ ブレンド(doTERRA)

イライラ、もやもや
ラベンダー
ウィンドウリズム (doTERRA)
シダーウッド 
クラリセージ

いろんなシーンでラベンダーが出てきます。万能おいるですんね。

手浴の準備、体験

準備するもの

洗面器、お湯(43度くらいの熱いお湯)、エッセンシャルオイル、タオル

洗面器にお湯を入れて、お好きな香りまたは症状によってのオイルを1〜2滴入れて
手首まで使ってください。ぬるくなったら、また熱いお湯を足しながら、5〜10分程度でもいいです。冷え性のかたは、なかなかあったまったという気がしないようですので、少し長めに浸かってみて下さいね。

まとめ

手浴だけでも、体を温めることができます。
手は脳とも言われています。
手を温めるとα波が出てリラックス状態になります。
エッセンシャルオイルもプラスすると相乗効果で、心も体のバランスが取れるようになります。オイルは症状によっても選ぶことができますので、わからないかたは ぜひお問い合わせください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました